2010年06月06日

義捐金(ぎえんきん)

慈善のため、また不幸や災害にあった人に対して、金品を寄付すること。

「捐」の意味は、
1、すてる。
2、金を出す。寄付する。

「義捐」は明治時代につくられた和製漢語です。
「義援金」という表記は、新聞協会による独自の基準で定めた代用表記で、元は「義捐金」なのでした。

“すてる”とい意味で「棄捐」という熟語があります。
「棄捐」(きえん)
1、すてて用いないこと。
2、江戸時代、法令によって貸借関係を破棄すること

2を補足するような説明がWikipediaにありました。
「義捐令」(きえんれい)
江戸時代幕府が財政難に陥った旗本・御家人を救済するために、債権者である「札差」に対し債権放棄・債務繰延べをさせた武士救済法令。
松江藩・加賀藩・佐賀藩など諸藩でも行われました。
松平定信が寛政の改革の一環として発したのが最初で、
天明4年(1784年)以前の借金は債務免除とし、それ以後のものは利子を下げ(年利18%→6%)、以後の法廷利率は12%、長期の年払いにするもの。

「札差」(ふださし)とは、
江戸時代、蔵米取の旗本・御家人の代理として蔵米を幕府の浅草蔵から受け取り、米商人への委託販売を行った江戸の金融商人。
本来の業務は米100俵につき金3分の手数料をとるものであったが、蔵米を担保とする金融も行い、旗本・御家人の財政窮迫に拍車をかけた。

当初、困窮した旗本・御家人はこの法令に大喜びをしましたが、札差は大きな損害を受け、その後 旗本・御家人に対する貸付は行われなくなりました。
結果、借金が出来なくなったことで、また彼らは生活に困ることに。

こんな歴史知りませんでした。
Webに、
「亀井金融相のモラトリアム制度は平成の棄捐令か?」なる記事がありましたが、改正貸金業法といい、よく似た情況ですよね。

ちなみに、
「モラトリアム制度」とは、「返済猶予制度」
銀行からの借金元本返済を一定期間猶予するというもの。
また、
2010年6月から完全施工になる「改正貸金業法」とは、
●借入総額が年収の1/3まで。
●専業主婦(夫)は、配偶者の同意が必要。
●一定額以上の借入には年収の証明が必要。
●個人事業主は決算書等の書類が必要。
●個人の信用情報の登録が必要。
●新たな借入の上限金利は20%以下。

「義捐金」からとんだろころまで行ってしまいました。

言葉に戻って、
「募金」(ぼきん)は、
寄付金などをつのって集めること。
それでは、
「醵金」(きょきん)は?
ある事をするために複数の者が金を出しあうこと。
また、その金。

似ていますが、募金活動に応じてお金を出す行為が「醵金」で、
お金を集める行為が「募金」。
でも、お金を出す行為も「募金する」って言ってますね。

「醵」は“多くの人で金銭を出し合う”意。

「醵出」(きょしゅつ)は、
金品を出し合うこと。

この「醵」も「拠」で代用されて、
「拠金」「拠出」と書かれます。





posted by 空凛 at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。