2010年02月27日

杓子定規(しゃくしぎょうぎ)

規則や形式などにとらわれて応用や融通のきかないこと。

現在「杓子」という呼び方をしなくなったので、
そもそも「杓子」が何かということからはじめます。

「杓子」(しゃくし)
飯・汁などをすくう皿形の部分に、柄がつけてある道具。

現在は、ご飯用は「しゃもじ」、お汁用は「おたま」と使い分けていますね。

「しゃもじ」の語源は、
「杓子」の頭字「しゃ」に接尾語「もじ」が付いた女房言葉(にょうぼうことば)です。
本来「杓子」は飯・汁をよそうものですが、
しだいに米飯をよそうものを「飯杓子」(めしじゃくし)、
汁用を「お玉杓子」と使い分けました。
その後、飯用のものを「しゃもじ」というようにりました。
ちなみに、
カエルの子の「おたまじゃくし」の語源もここからきているとのこと。

さて、その「杓子」の柄は、古くはたいてい曲がっていました。
その曲がっている柄を「定規」代わりに使うということで、
誤った基準でものをはかろうとすることをいい、
転じて、融通のきかないやり方や態度をいうようになりました。

「杓子定規」って、曲がった柄を定規に使うことからきていたんですね。

ところで、
「曲尺」は、なんと読むでしょう?


「かねじゃく」と読みます。
主に大工さんが使う金属のL字型モノサシです。
金属でできていますが、「金尺」ではないんですね。
曲がった尺。

「かねじゃく」は「矩尺」とも書きます。

「矩」
1、曲尺に同じ。さしがね。
2、のり(法則)。きまり。
3、四角。

矩形(くけい)は“長方形”のことです。

杓子定規に似た意味に「四角四面」がありますが、こちらは真四角=正方形のことです。







posted by 空凛 at 23:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「矩」には直角という意味もあったらしいです.
常用漢字にないので,矩形を長方形と変えたのですけど,「長くなくても長方形か?」という議論が出ます.「正方形も長方形の一種」は子供たちにわからせにくいでしょう.

曲尺の使い方を「規矩術」と呼びますね.
Posted by 三ねんせい at 2010年02月28日 12:37
「規矩術」(きくじゅつ)って、知りませんでした。
「術」って、何だか忍術みたいな秘密のにおいがします。
Posted by 空凛 at 2010年03月07日 15:10
本日 初めて拝見致しました。
たいへん勉強になりまして感謝しております。

杓子定規→シャクシジョウギ
フリガナが→シャクシギョウギ

になって居りましたので お知らせ致します。
Posted by つる at 2016年07月22日 21:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142339664

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。