2010年03月14日

知悉(ちしつ)

知り尽くすこと。詳しく知ること。

「悉」という字が見慣れないですが、
訓読みは、“すべて・残らず”という意味の
「悉く」(ことごとく)なのでした。
「ことごと」とは、「事事」の意から。

私は使ったことがない「知悉」ですが、Webで以下のような例が拾えました。
・認知証を知悉する
・器械のことに知悉している医者
・天を知悉し、己を錬磨する
・光と影を知悉する監督
・固有の危険有害要因を知悉していること

同じような意味に、「熟知」「精通」がありますが、
Google検索をかけてみると、
精通----1230万件
熟知----573万件
知悉----165万件
やはり「知悉」の使用頻度は少ないと思われます。

「悉」
シツ・ことごと-く
1、全部。ことごとく。
2、きわめ尽くす。

「知悉曲筆」(ちしつきょくしつ)という言葉がありました。
事実とは違った、曲がった文章を書くこと。
「曲筆」は、
事実を曲げて書くこと。また、事実を曲げて書いた文。

「舞文曲筆」(ぶぶんきょくしつ)も似ています。
故意に言葉をもてあそび、事実を曲げて書くこと。曲筆舞文。

「舞文」って、きれいな字面(じづら)ですが、
意味は、悪いことなんです。
1、自分勝手に言葉をもてあそんで自分に有利な文章を書くこと。
また、その文章。
2、自分勝手な解釈で法律を濫用すること。

ところで、
「熟知」の「熟」の読みを見ていて、
「つらつら」とういう読みを発見しました。
「熟熟」と書いて「つらつら」なんです。
意味は、
“つくづく・よくよく”
漢字の「熟熟」を見れば、意味がとれるかと思いますが、
普通、ひらがな表記の「つらつら」、
かなりの人が誤解しているような気がします。
私自身、“ぼんやり”のような意味だと思っていました。
まったく違っていますね。
Webに意味理解調査の結果が出ていましたが、正解は少なく、
“だらだら”と思っている人が半数以上でした。
Webでの使用例を見ても、“よくよく”という意味にはとれないものが多く見られました。
つらつらの音に人それぞれのイメージを重ねてしまっている気がします。
私の場合は、無意識のうちに「うつらうつら」の影響を受けたのかも。




posted by 空凛 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143595812

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。