2010年03月28日

逆ねじ(さかねじ)

1、非難したり抗議したりしてきた人に対して、逆に非難したりして攻撃し返すこと。
2、逆方向にねじること。

昨今あまり耳にしませんが、
“やり返す”という表現に「逆ねじ」があります。
「逆ねじを食う」「逆ねじを食わす」と言い方をします。
「口答え」は、
目上の者に言われたことに対してさからった言葉を返すこと。
「逆ねじ」は目上の者だけに限らず、相手をやっつけ返すこと。

「抗弁」は、
相手の主張に対して、誤りを指摘したりなどして反論すること。

“強引に押し込む”“責める”“押しかけて抗議”するという表現に、
「ねじ込む」があります。

ところで、
「ねじ」といえば「右ねじ」--(時計回りに回すと、締め付けられるもの)がほとんどですが、これは右利きの人が多く、右手にねじ回しを持つと、右ねじは締める時に力が入り易いためだそうです。
「逆ねじ」は機能的に有効な箇所などの特殊な用途に用いられています。

「ねじ」は「捩じる/捻じる」の連用形からきていまして、
漢字は「螺子/捩子/捻子」が当てられています。

「螺」は、巻貝の意。または巻貝のようにぐるぐるとまいたもの。

「螺旋」(らせん)は、
1、巻貝のからのように渦巻形になっていること。また、そのもの。
2、ねじ。

「旋」は“ぐるぐる回る”意です。
難読に、
旋毛(つむじ)・旋風(つむじかぜ)・旋網(まきあみ)

「捩じ上戸」(ねじじょうご)という言葉を見つけました。
酔うと理屈を並べたて人にからむくせ。また、その人。

過去に「下戸(げこ)/上戸(じょうご)」で取り上げましたが、
酒をよく飲む人を「上戸」、
お酒が飲めない人を「下戸」と言います。
また「○○上戸」の形で、酒に酔ったときに出る癖を表します。
・笑い上戸
・泣き上戸
・怒り上戸
この三つを「三人上戸」と言います。
これに「説教上戸」が加わって、お酒の癖は大きく4パターンに分かれそうです。
他にも、
・空上戸(そらじょうご)
酒を飲んでも酔いが少しも顔に出ないこと。

・盗人上戸(ぬすびとじょうご)
1、酒も甘い物も好む人。両刀使い。
2、酒を多量に飲んでも顔やようすに酔いの現れないこと。また、その人。

「盗人」も「ぬすびと」と言うと、なにやらわけありの情を感じますが、「ぬすっと」には突き放した蔑みを感じます。
「ぬすっと」は「ぬすびと」が転じたものです。




posted by 空凛 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック