2010年04月18日

「分掌」(ぶんしょう)

仕事・事務を手分けして受け持つこと。分担。

私は「分掌」という字に馴染みがありませんでしたが、
・職務分掌規程*
・業務分掌規定**
・職務分掌表
・公務分掌
・事務分掌
企業や公的機関・学校などで使われていました。

ところで「規程」も「規定」も“きまり”という意味を持ちますが、
違いは、
*「規程」は、官公庁・会社の執務規則
**「規定」は、法令の条文として定めること

「掌」の読みは、
ショウ・たなごころ・てのひら・つかさど-る

「手の平/掌」(てのひら)には、他の言い方もあります。
・たなごころ(手の中心の意)
・たなうら(手の裏の意)
・たなうち
・たなぞこ(手底)
「手のひら」と言った時、指は含まれず、
手首から指の付け根までの、手を握ったときに内側になる面を指します。

外側は「手の甲」ですが、こちらはこの言い方のみのようです。

手を握ると「拳」(こぶし)になり、
握りこぶし・拳固(げんこ)・拳骨(げんこつ)とも言います。
語源を見てみると、
元々は「こぶし」のことを「拳子(けんこ)」と呼び、
そこから「固く握りしめたこぶし」の意味で「拳固」と表され、
次第に「げんこ」との発音に転じたとのこと。
それから拳固を使って殴ることを「拳固殴ち」(げんこうち)と指すようになり、それが訛って「げんこつ」に。「拳骨」は当て字。

「掌」に関した語を拾ってみました。

「落掌」(らくしょう)
手紙・品物などを受け取ること。手に入れること。「落手」

「掌上に運らす」(しょうじょうにめぐらす)
てのひらの上で自由に操る。意のままに行う。

「掌中の珠」(しょうちゅうのたま)
手の中の珠。また、大事なものや最愛の子のたとえ。

「掌を反す」(たなごころをかえす)
1、物事がきわめてたやすくできるたとえ。
2、急に態度が変わるたとえ。
「手の平を返す」 「手の裏を返す」

余談ですが、
手の親指を伸ばして反らした時、親指の付け根に出来る三角形の窪みを「解剖学的嗅ぎタバコ窩」というWikipediaの記述を見つけました。
「嗅ぎタバコ窩」なんていう、妙な名前が目を引きました。
Webで説明を探しましたら、
* *
親指を伸展した時にできる長拇指伸筋腱(後方)と長拇指外転筋腱と短拇指伸筋腱(前方)の間のくぼみのこと。
ここを橈骨動脈が通り、その底には大菱形骨と舟状骨がある。
「嗅ぎタバコ」とは、粉末にしたタバコの葉を鼻孔から直接吸入するもの。
* *
手の甲、親指側の手首近くと言ったほうがわかるでしょうか。
その手の窪みに粉を置き、それをつまんで鼻から吸い込んだことから付いた名前のようです。
ちゃんとして学術名なんですね。びっくり。




posted by 空凛 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック