2010年04月25日

掩巻(えんかん)

書物を少し読んだら、いったんそれを伏せてその内実を味わうようにするという学習法。

江戸の私塾の読書法に「掩巻」と「慎独」というのがあったそうです。
「慎独」とは、読んだ内容を必ず他人に提供せよというもの。

掩巻のことを知らなくても、本に入り込んだ時など、途中で文字から目をはなし、追想することはありますね。

ところで、
「慎独」(しんどく)の意味は、
自分一人のときでも、行いを慎み雑念の起こらないようにすること。

「速読術」がよく知られているのとは反対に「掩巻」は変換もできず、辞書にも載っていませんでした。

「掩巻」をどこから拾ってきたかというと、
先日のTV東京「ワールドビジネスサテライト」という番組で、書評家・松岡正剛氏が語られた中に出てきた語でした。
その時はパソコンに向かっていて、背中でTVを聞いていて、思わずノートの端っこにメモしたものでした。
今日そのメモの漢字を見たのですが、TVのことはすっかり忘れていて、検索をして内容をたぐっているうちに思い出しました。

「掩」
エン・おお-う
1、おおう
2、かばう

「おおう」には、
「覆う」「被う」「蔽う」「蓋う」「掩う」
と5つの漢字があったんですね。

「掩」にはいくつかの熟語がありますが、ほとんど目にしないものばかりです。

「掩蓋」(えんがい)
1、物の上にかぶせるおおい。
2、敵弾を防ぐために塹壕の上に設ける木材・石材などのおおい。

「掩蔽」(えんぺい)
1、おおい隠すこと。
2、地球と恒星・惑星の間に月が入り、その恒星や惑星を遮り隠す現象。

「掩護」(えんご)
1、困っている人を助け守ること。
2、敵の攻撃から守ること。→援護

「掩耳盗鐘」(えんじとうしょう)
耳を掩(おお)いて鐘を盗む
鐘を盗もうとして、鐘の音の鳴り響くことを恐れ自分の耳をふさいでも何の意味もないという意から。
浅はかな考えで自分の良心を欺き、その場逃れをしても、いずれ悪事は知れ渡ってしまうこと。
また、自分を欺いて悪事をはたらくことのたとえ。
同じような意味に、
「掩耳盗鈴」(えんじとうりん)
「掩目捕雀」(えんもくほじゃく)

ちなみに、奄美大島でよく目にする
「奄」は
エン・おお-う
1、おおう
2、にわかに。たちまち
3、気がふさがって通じない。

「奄」も「気息奄々」(きそくえんえん)くらいしか使われていないようです。
息が絶え絶えになって、今にも死にそうなさま。




posted by 空凛 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147747337

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。