2010年05月23日

旁が「肖」の漢字

前回「哨戒」を取り上げましたが、
今回は、旁(つくり)が「肖」の漢字を追ってみました。

悄・逍・銷・鞘・蛸・鮹・梢・稍・・
読みが「ショウ」以外、特に共通項のようなものは見つかりませんでしたが、私にはいくつかの発見がありました。

「悄」
しょんぼりする。しおれる。
「悄然」(しょうぜん)という熟語はよく聞きます。
失望したり、叱られたりして元気を失う。

「しょげる」とよく言いますが、漢字は「悄気る」なんです。

「逍」
ぶらぶら歩き回る。
「逍遥」(しょうよう)は、
坪内逍遥という作家の名前だと思っていましたら、
熟語で“気ままにあちこちを歩き回ること。散歩”という意味を持っていたんですね。

「稍」
やや。ようやく。(漸)

「鞘」
さや。

「銷」
金属を溶かすこと。消える。
「銷夏/消夏」(しょうか)
夏の暑さをしのぐこと。

金属を溶かすような酷暑の形容かと思ったら、暑さをしのぐこと。


「蛸/鮹/鱆」
いずれも「タコ」です。
なんで、3つも漢字があるのでしょう。
本来の漢字は「鱆」です。
「蛸」は本来は足高蜘蛛(あしたかくも)のこと。
タコに足が何本もあるところから
「海の蛸」→「蛸」となったようです。
さらに「虫」を「魚」に変えた「鮹」の字ができたということです。


漢字を拾っているうちに、疑問がわきました。
「蛸」と「鮹」では違う旁の字なのではないだろうか、と。
月の上が「小」の字になっているものと、「ツ」のような形のもの。
それとも書体の違い?
漢和の「肖」を見てみると、
肉(月)と音をしめす「小」とを合わせ・・
とあり、「肖」の下に「鮹」の旁の字も載っていました。
同じ字と考えていいようです。






posted by 空凛 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150824984

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。