2017年08月01日

だるい/けだるい/かったるい

「だるい」と「たるい」は意味が違うと思っていましたが、
辞書には「だるい」のところに「たるい」と載っていました。

「怠い」(だるい/たるい)
1、疲れや病気などで、からだを動かすのがおっくうである。
かったるい。
2、しまりがない。ゆるい。
3、のろい。不十分である。

濁音の「だるい」にはより重力を、
「たるい」には気持ち的な脱力を感じます。

だるい/けだるい/かったるいの使い分けが辞書にありました。
共通の意味は、
“疲れて活気がない”“億劫”

<使い分け>
◎「だるい」は体の状態のみにいうが、
「けだるい」「かったるい」は気分についても用いる。
◎「かったるい」は主として話し言葉。
「かいだるい」(腕弛)の音変化。

「気怠い」(けだるい)
なんとなくだるい。

「物憂い」(ものうい)
1、なんとなく心が晴れ晴れしない。
だるくておっくうである。
2、苦しい。つらい。

「まだるい」
1、手間どってじれったい。手ぬるくて はがゆい。
2、野暮だ。

「舌たるい」
ものの言い方が甘えたような感じである。
したったるい。

「甘ったるい」「重ったるい」という表現もあります。

「しんどい」は関西方面の方言ですが、
全国的に通じる語になっていますね。
「しんどい」は「心労」「辛労」が転じた「しんど」の形容詞化。
“疲れた”“辛い”

地方によって“疲れた”の表現がいろいろです。
中国・四国・中京--「えらい」
伊勢・東東海・西関東--「かいだるい」「かったるい」
関東--「疲れる」
中国・西関東・信越・西奥羽--「くたびれる」
東関東・東奥羽・北海道--「こわい」
土佐・東南九州--「だれる」
西九州--「きつか」

「きつか」圏の私は名古屋に渡って「えらい」に戸惑い、
今は毎日「疲れた」とつぶやいています。
posted by 空凛 at 15:24| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。