2017年08月06日

偏む(こずむ)

1、筋肉がかたくなる。凝る。
2、心が重くなる。気がめいる。
3、競馬で、馬の肩や腰が硬直して歩行がぎこちなくなる。
4、1か所にかたよって集まる。

知らない語で、読めませんでした。
用例検索でも出てきませんから、
日常では使われていないようです。
でも、
「偏む」の連用形が名詞化した「こずみ」は
競馬界で使われていました。
競馬用語の「こずみ」は馬の筋炎や筋肉痛の俗称。
馬の歩行がぎこちない状態をいいます。
・こずみが酷い
・あの馬はこずんでいる
・調教の失敗か、今日はこずんでいる
ちなみに、
静岡辺りでは「こずむ」は、
“物質が沈殿すること”を言うそうです。
・砂糖がこずんでいる

「こずむ」の原因は 偏り(かたより)にある。
と理解しました。
一方、
「肩が凝る」の「凝」は、
液体がこりかたまる。じっとして動かない。
心が一つのことに注がれて他に動かない意。

「凝る」(こる)
1、「〇〇にこる」の形で、
趣味・スポーツなどに夢中になる。ふける。
2、細かい点まで趣味を貫く。意匠をこらす。
3、筋肉が張ってこわばる。
4、一か所に寄り集まる。また、氷結する。

凝血・凝固・凝視・凝縮・凝集・
凝議・凝念・凝立・凝塊・凝然・凝滞・凝望
「凝」の付く熟語は頭に付く語ばかりでした。

「凝議」(ぎょうぎ)
熱心に相談を重ねること。
・再び緊急村会が召集されて対策が凝議された。
・一同はこの敗戦の収拾を凝議した。

「凝念」(ぎょうねん)
思いをこらすこと。また、その思い。

「凝念」も一般にはあまり使われていませんが、
仏教やヨガの世界、そして教育現場で生きています。
成蹊中学・高等学校では毎朝の朝礼で凝念を行い、
生徒の集中力を高めています。
明星中学校・高等学校でも「凝念」という教育が、
創立以来受け継がれています。

「疑念」に“二水”(にすい)が付くだけで大変身です。
「凝念」には修行のイメージがあります。
posted by 空凛 at 11:23| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。