2017年08月11日

重複表現

「馬から落馬する」「後悔が残る」「落ち葉が落ちる」など、
同じ意味の語を重ねた言い方を
「重言」(じゅうげん)、「二重表現」といいます。
なじんでしまっているために
気づきにくくなっているものもありますね。
例をみてみましょう。
・決着がつく 「着く」と「つく」
・違和感を感じる。「感」が二重
・従来より 「従来」に“〜から”の意を含む。
・秘密裏のうちに 「裏」と「うち」
・各ファイルごとに 「各」と「ごとに」
・あらかじめ予定された 「あらかじめ」と「予定」
・あらかじめ用意する
・満〇周年 「周年」は“まる1年”
・約10m程度 「約」と「程度」
・第1日目 「第」も「目」も順位を表す。
・過半数を超える 「過」と「超」
・まず最初に、 「まず」と「最初」
・一番最初 / 一番最後
・被害を被る
・返事を返す
・挙式を挙げる
・はっきりと断言する
・炎天下の下
・最も最強
・事前予約

日本語+外来語の重複例。
・排気ガス
・シェリー酒 sherryに“酒”の意。
・ラム酒 rumに“酒”の意。
・チゲ鍋 朝鮮語のチゲは“鍋料理”の意。
・ハングル文字 朝鮮語のグルは“文字”の意。
・クーポン券 仏語couponは“券”の意。

昔 取り上げた <「通常通り」は正しいか?!>
「通常通り」ってよく使ってますよね。
これも重ね言葉?
* * Webの答え * *
「通常」=いつもそうであるさま
「通り」=〜と同じように
これらを合わせたものが「通常通り」だと思う。
「通常通り」=as usual と思っていて、違和感を覚えない。
* * * * * * * *
「いつも」=「通常」の言い換えで
いつも通り=「通常通り」が出てきたものと思われます。
かなり浸透しているように思います。
重ねない表現としては、
・本日、平常通り営業します
・本日は通常の営業です




posted by 空凛 at 08:38| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。