2018年01月13日

「而」って何?

遠い昔「形而上」という語に出会った時から、
「而」の意味が未消化のままでした。
日常ではめったに出会うこともなく、今に至りました。
今日こそはしっかり「而」の正体を掴みたいと思います。

「而」ジ
象形文字。
頬ひげ、または結髪をせず髪を振り乱した様をかたどったもの。
巫女が、そのようにして雨乞いをするさまが「需」。
早くに元の意味は失われ、音を仮借した意味のみ残りました。

1、なんじ。
2、接続詞
順接 --- しこうして・しかして
逆説 --- しかれども・しかるに・しかも

「而して」(しこうして)--- そして
「而後」(しかるのち)
「追而」(おって)
「而已」 (のみ)--- 限定・強調の意。
「而今而後」(じこんじご)--- 今から後。これから

「形而上」(けいじじょう)
形を離れたもの。無形のもの。
哲学で、感覚の働きによってはその存在を知ることができなくて、 思考でのみ知ることができる超自然的なもの。

「形而下」(けいじか)
形のあるもの。有形のもの。
哲学で、時間・空間の中に形を備えているもの。
感性的経験によって知りうる自然的存在。

「而」の正体は接続詞。
「形而上」「形而下」の「而」は順接で、
「の」と訳せばわかりやすいと思います。

現在ではめったに使用機会もありませんが、
含蓄のある4文字熟語を見つけましたので、紹介します。

「和而不同」(わじふどう)
人と協調するが、いたずらに同調はしないこと。

孔子の言葉、
「君子は和して同ぜず、小人は同して和せず」から。
徳のある者は和を図るが、迎合はしません。
徳のない者は自分の意見がないので同調しますが、
和を図ることはしないという意味。





posted by 空凛 at 09:43| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。