2019年07月28日

しじま

物音ひとつしない静かな夜を「夜のしじま」と言いますが、
「しじま」って、どこから来てるのでしょう。

辞書を見ると、2つの意味がありました。
「しじま」
1、静まりかえって、物音一つしないこと。静寂。
2、口を閉じて黙りこくっていること。無言。

“無言” の意味もあったんですね。
「しじま」は大和言葉でひらがな表記です。
「静寂」「沈黙」「黙」「無言」などは当て字。
現在は “静寂” の意味で使われていますが、
元々は “無言” の意味だったようです。

古語「しじま」
黙っていること。無言。

源氏物語に “無言” の意味での用例が見られます。
一方、
“静寂” の意の用例は近年になってからで、
「静寂」などの漢字の当て字が見られるのは明治以降です。
語源ははっきりしていませんが、
「しじまる」という語が由来という説があります。

古語「しじまる」(縮まる)
ちぢまる。

「しじま」は、
唇を引き締めて口をギュッと閉じている
→ 無言
といった変化だったと思われます。
だとしたら、
緊迫した状況下の沈黙。
張り詰めた静けさを表現していたのかもしれません。
「静寂」は “寂しい” とあるように、
ひっそりとした静かさ。
闇にも濃度を感じるように、
音のない世界も無か有かではなく、
気配や空気感の違いを感じてしまうのが人ですね。

しじまの文学的表現を拾ってみました。
・夜のしじまに耳を澄ませながら手紙を書いています
・病舎は不気味なしじまを湛えていた。
・人声も影も去って、山は元のしじまへかえった。
・露の音すら耳だつ暁方のしじまを破って、
ふいにグワンと大空が鳴った。
・耳をすましてみたが、
森のしじまをかき乱すのは鳥の鳴き声だけだった。
・モルグ街の住民たちの夢を破る
恐ろしい悲鳴が夜のしじまに響きわたった。

<静けさの表現>
「しんとした」
「物音一つしない」
「静まり返った」
「静寂に包まれた」
「寂として声なし」(せきとしてこえなし)

「深閑/森閑」(しんかん)
物音一つせず、静まりかえっているさま。

「幽寂」(ゆうじゃく)
奥深くひっそりと静かなこと。


「夜のとばり」という風流な表現もあります。
「帳」(とばり)
室内や外部との境などに垂らして、区切りとする布。
蚊帳(かや)、緞帳(どんちょう)

「夜の帳が下りる」は、
夜になって暗くなるさまを、帳が下りたことにたとえたもの。
夜になること。
・夜の帳に包まれる











posted by 空凛 at 08:00| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。