2019年08月25日

ほめ殺し(ほめごろし)

いやみになるほどほめ立てること。
必要以上にほめちぎることで、
かえって相手をひやかしたりけなしたりすること。

元々は歌舞伎などの伝統芸能の世界で用いられてきた言葉。
将来を有望視される若手を必要以上にほめそやすことで天狗にさせ、その才能をつぶしてしまうことを指しました。
怖っ。

サンデー毎日の「佐川スキャンダル」記事で、
「ほめ殺し」という言葉がブレイクしました。
S62年の自民党総裁選に立候補していた竹下登に対して、右翼団体 日本皇民党が、
「日本一お金儲けの上手な竹下さんを総理大臣にしましょう」
「恩人を裏切る華麗な芸を持つ竹下さん」
などと、いやがらせ街頭演説を行いました。
このほめてるようで非難する手口を「ほめ殺し」と表現しました。
1992年の新語部門・金賞をとっています。
佐川急便事件の概要についてはこちらの記事を。↓
https://uitanlog.com/?p=6792


昔、上司にほめ上手の女性がいました。
呼吸するように人をほめていました。
ためらいのない滑らかな舌に感心したものです。
時に歯の浮くようなおだて上げもあり、
そんな時はほめ殺しがはじまったと思っていました。
シラけるようなほめ言葉には閉口しますが、
ほめられて気分が悪くなる人はいません。
ほめ言葉が行きかうと、人の心がポッとほてってプラスの気が満ちる気がします。

「ほめそやす」(ほめ称す)
「ほめちぎる」
「ほめたてる」(ほめ立てる)

「賞揚/ 称揚」(しょうよう)
ほめたたえること。称賛。

「称」も「賞」も “ほめる” 意。

「褒める」と「誉める」は同じ意味です。
常用漢字の「褒める」が多く使われています。


<ほめる四文字熟語>
「英明果敢」 (えいめいかかん)
才知に優れ、道理に明るくしかも思い切りのいいこと。

「温和怜悧」 (おんわれいり)
穏やかで優しく、賢いこと。

「博学卓識」 (はくがくたくしき)
広く学問に通じていて、優れた見識のあること。

「仙才鬼才」(せんさいきさい)
他の人に比べて飛び抜けてすぐれた才能。


ほめベタの人は、いくつかフレーズを仕入れておくといいかも。

〇ほめ言葉リスト
chrome-extension://oemmndcbldboiebfnladdacbdfmadadm/https://mindtone.net/download/home/wordlist.pdf

〇ほめ言葉LINEスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/1033704/ja

〇ほめ殺しLINEスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/1233985/ja

キャラクターの動きが笑えます。











【関連する記事】
posted by 空凛 at 08:00| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。