2019年09月29日

ことわざ「転がる石」

A rolling stone gathers no moss.
転がる石は苔をつけない。

皆さんはこのことわざをどう理解されていますか?
英国生まれのことわざですが、
英と米では解釈に違いがあります。

〔英〕 苔をプラス評価
職業や住まいを転々とする人は成功できない。
「石の上にも三年」的な考え方です。

〔米〕 苔をマイナス評価
たえず動き回っている人は苔などつかず輝いている。
「流れる水は腐らず」に近い考え方。

英と米で相反する意味になっているのが印象的です。

ことわざには相反するものがたくさんありますね。
「当たって砕けろ」/「石橋を叩いて渡る」
「善は急げ」/「急がば回れ」
「二度あることは三度ある」/「三度目の正直」


ここで、アフリカのことわざを2つ紹介します。

◎ラクダは重い荷物には耐えられるが、
縛り方の悪いロープには耐えられない。

大変な仕事には耐えられるけれど、
納得のいかない理不尽な指示には耐えられない。

◎斧は忘れる。木は忘れない。

加害者は忘れるが、被害者は忘れない。


似ていることわざを並べてみました。
>>>>
〇毒を食らわば皿まで
〇尾を踏まば頭まで
〇乗り掛かった舟

>>>>
〇乾坤一擲(けんこんいってき)
〇一か八か(いちがばちか)
〇当たって砕けろ

>>>>
〇帯に短し襷に長し
〇六日の菖蒲十日の菊

>>>>
〇蛙の子は蛙
〇瓜の蔓に茄子はならぬ

>>>>
〇医者の不養生
〇紺屋の白袴

>>>>
〇二頭を追う者は一頭をも得ず
〇虻蜂取らず

>>>>
〇絵にかいた餅
〇捕らぬ狸の皮算用

>>>>
〇他山の石
〇人の振り見て我が振り直せ

>>>>
〇人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)
〇禍福は糾える縄の如し(かふくはあざなえるなわのごとし)
〇沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり(しずむせあればうかぶせあり)









【関連する記事】
posted by 空凛 at 08:00| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。