2019年10月27日

一日の長(いちじつのちょう)

「論語」先進から。
他より少し年齢が上であること。
転じて、
経験・技術・知識が他の人より少し優れていること。

明治・大正期の文学作品には、
「いちじつ」「いちにち」両形のルビが見られます。
テレビ・ラジオでは、
「一日の長」--「いちじつのちょう」
「一日千秋」--「いちじつ/いちにち」

「一」の読みには迷う時があります。
「一段落」の読みも間違いやすいですね。
「一段落」(いちだんらく)
一つの段落。ひとくぎり。
転じて、
物事がひと区切りしてかたづくこと。

「一区切り」は「ひとくぎり」ですし、
一仕事・一芝居・一安心
一工夫・一苦労・一騒動
なども「ひと」と読みますから、
引っ張られやすいかもしれません。

●「ひと」と読む「一」
一幕・一役・一汗・一筋・一昔・
一続き・一握り・一眠り・一休み・
一時(“ひととき”は平仮名書きが原則)

●「イチ」と読む「一」
一隅・一対・一途・一角・一席・
一見の客・一個人・一時代・一親等・
一家言(いっかげん)・一言もない(いちごんもない)・
一期一会・一世一代・一罰百戒・一汁一菜・
一朝一夕(いっちょういっせき)

「一度」-- ひとたび / いちど
「二度」-- ふたたび / にど
「三度」-- みたび / さんど
「四度」-- よたび / よんど

「一重」-- ひとえ / いちじゅう
「二重」-- ふたえ / にじゅう
「三重」-- みえ / さんじゅう
「八重」-- やえ / はちじゅう

「0」を和語は「れい」と読みますが、
私たちは、数字は「ゼロ」、
小数点になると「れい」と言い換えています。
090-0001-0002(ゼロ・・・・)
0.28(れいてん・・・)

他にも、読み間違えやすい言葉を拾ってみました。
「一意専心」(いちいせんしん)
「ご自愛専一」(ごじあいせんいつ)
「一言居士」(いちげんこじ)  
「一言一句」(いちごんいっく)  
「礼賛」(らいさん)
「御来迎」(ごらいごう)
「手繰る」(たぐる)
「出生率」(しゅっしょうりつ)
「ご利益」(ごりやく)
「年俸」(ねんぽう)
「河川敷」(かせんしき)
「職人気質」(しょくにんかたぎ)
「首を回らす」(こうべをめぐらす)
「版図」(はんと)
「役務」(えきむ)
「極彩色」(ごくさいしき)
「直向き」(ひたむき)









【関連する記事】
posted by 空凛 at 08:00| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。