2019年11月03日

わざわざ

Webの質問コーナーに
「きょうはわざわざお越しいただき、ありがとうございます」
と言われて、
もしかして来たらいけなかったのかなと、少し不安になりました。
という投稿です。
皆さんはこの「わざわざ」をどう感じましたか?

「わざわざ」
1、他のことのついでではなく、特にそのためだけに行うさま。
2、しなくてもよいことをことさらするさま。

「わざわざ」にはプラス評価とマイナス評価があり、
若い人は年配者に比べて、マイナスイメージでとらえる人が多いようです。

「わざわざ」の語源は、
「わざわざし」(態々し)= わざとがまし
ことさらに意識したようすである。わざとらしい。

「わざわざし」は「わざと」の畳語。

「わざと」(態と)
名詞「わざ」(業)+ 格助詞「と」
意識的に何かをするさま。ことさら。故意に。

“意識的に行うさま” という意味が転じて、
“あえて、しなくてもよいことを行う” という意味が生まれ、
ポジティブな意味合いでも使われるようになりました。

(+)期待以上
・わざわざご連絡頂いただきましてありがとうございます。
・鈴木先生にわざわざ来ていただきました。
・わざわざ忘れ物を届けてくれた。

(−)余計なこと
・私がなるべく気にしないようにしてることを彼女はわざわざ言ってくる。
・嫌いな人のSNSをわざわざ見てしまう。

自分の行いに対して使うと、恩着せがましい言い方になります。
・わざわざ遠回りしてケーキを買ってきたのよ。
・今日の会議のために、わざわざ残業して資料を揃えておいたのに。
・忙しい中、わざわざ出かけて行ったのに留守だった。

「わざわざ」はお断りするときや遠慮するときに使うと、不快にさせてしまう可能性があります。
「わざわざ○○していただかなくても」
のように否定形の文章になると、拒否や拒絶と思われかねません。
・わざわざ来ていただく必要はございません。
・わざわざお越しいただかなくても、こちらの方からお伺いいたしましたのに。

相手の厚意に対して使う「わざわざ」は、感謝を表す丁寧な表現になりますが、ネガティブに受け取る人もいるので気をつける必要があります。
「ご丁寧に」「格別に」「お忙しい中」といった表現に言い換えてもいいですね。

「わざわざ」で検索すると、
長野県のパンと雑貨のお店が出てきました。
https://waza2.com/about
店名「わざわざ」は、“わざわざ山の上まで足を運んで頂いてありがとうございます”
という感謝からです。









【関連する記事】
posted by 空凛 at 08:00| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。