2019年11月24日

体の呼び名

「おとがい」「こむら」「ひかがみ」
体のどこの部分かわかりますか?

●「旋毛」(つむじ)
髪の毛の渦を旋風(つむじかぜ)に見立てたもの。

●「首/頸/頚」(くび)
「首」
頭と胴をつなぐ部分を含め、そこから上の部分。
「首」は髪と目を強調した象形文字で、
本来は “頭” を意味していました。
「頚」は「頸」の俗字。
「頸部」=「頚部」(けいぶ)
頭と胴を繋ぐ部分に限定。

●「耳朶」(じだ/みみたぶ)
「朶」--- 枝などが垂れ下がる。

●「瞳/眸」(ひとみ)
瞳の「童」は “穴を通す” 意。
眼球を突き抜ける穴 = 瞳孔
眸の「牟」は “もとめる” “むさぼる” 意。
まぶたを押しのけて見る目の意。
「瞳」が目の中の黒い部分を指すのに対して、
「眸」は見開いた目玉。“目を見開いてよく見る” 意を含む。

●「瞼/目蓋」(まぶた)、「眼瞼」(がんけん)

●「眦/眥」(まなじり)= 目じり
目(ま)の後(しり)の意。
・まなじりをつり上げる
・まなじりが白く光っていた

●「鼻溝」 (はなみぞ)= 人中(じんちゅう/にんちゅう)

●「顎/頤」(あご)
「頤」(おとがい)--- 下あご。あご。
解剖学用語では「オトガイ」と表記し、下顎骨の先端部をさします。

●「項」(うなじ)--- 首の後ろ部分。

●「盆の窪」(ぼんのくぼ)
首の後ろ側中央のくぼんだところ。

●「腕」(うで/かいな)

●「二の腕」(にのうで)
●「一の腕」(いちのうで)

●「肘/肱/臂」(ひじ)
古くは、
肩から肘までを「かいな」と言い、
肘から手首までを「うで」と言いました。
「肱」=「二の腕」元は肩から肘までの部分。
「臂」=「一の腕」元は肘から手首までの部分。
「上腕部」(じょうわんぶ)に対して “下” ではなく、「前腕部」(ぜんわんぶ)です。
昔は肩から手首までの部分に「膊」を用いていましたが、字がむずかしいので「腕」になったとのこと。
「上膊」(じょうはく)= 上腕の旧称
「前膊」(ぜんはく)=「下膊」(かはく)= 前腕の旧称。

●「手の甲」(てのこう)

●「掌」(てのひら/たなごごろ)
「たなごころ」の「た」は手(て)の交替形。
「たむけ」「たおる」などと同じ「た」。
「な」は「の」にあたる連体助詞。
「たな」= 手の
「たなごころ」= 手の心
「心」には3通りの解釈があります。
1)“中心” の意。
2)心(うら)と同源である “裏” の意。
3)中国語の “掌(手心)” の意。

●「大腿」(だいたい)--- 太もも

●「下腿」(かたい)--- 膝から足首までの部分
「腿」(たい)--- ももとすねの総称。

●「膝」(ひざ/ひかがみ)
「ひかがみ」--- 膝の後ろのくぼんだところ

●「脛」(すね/はぎ)

●「腓」(こむら/ふくらはぎ)
「こむら」は「こむら返り」という語と方言に残っています。

●「踝」(くるぶし)
元は「つぶふし」(粒節)。
詳細な語源についてはこちら▽
http://ppnetwork.seesaa.net/article/458644074.html

●「踵」(かかと/きびす)
「きびすを返す」という慣用句があります。
後戻りする。引き返す。

●「足背」(そくはい)--- 足の甲

●「足裏/蹠」(あしうら)
「足蹠」(そくせき)--- 足の裏。足底。
足のゆびは「趾」(ゆび)。

体の呼び名には別名があったり、複数の表記や難しい漢字も多いですね。








posted by 空凛 at 08:00| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。