2008年01月03日

「千両」「万両」

マンリョウ.jpg

「千両」と「万両」は よく財福の縁起ものとして、お正月の生け花に使われます。
確かに「千両」「万両」とは景気のいい名前です。
両者の違いは、
「千両」・・葉の上の方に実をつけるので、鳥に食べられやすい。
「万両」・・葉の下に実をつけるので食べられにくく実がしっかり残る。
万両の方が実が大きい。
↓こちらのページに写真と説明がありました。
http://www.hana300.com/manryo.html
「百両」「十両」まであるんですね。
私は実を食べたことがありませんが、鳥がついばむほどおいしいのでしょうか。

似た植物に「南天」があります。
南天は昔から毒をはらう吉祥木として利用されてきました。
実は鎮咳薬、樹皮や根皮は胃病、脱肛、眼病の薬として用いられてきました。
南天も「難を転ずる」に通ずることから縁起の良い木とされて、家庭の鬼門にあたる方向に厄除けとして植えられました。
小さい頃、南天がどこの家もトイレの側に植えられているのを不思議に思っていました。
昔 実家でお正月の花を生けた時、庭の南天の色付きが悪く、赤い絵の具を実に塗って華やかにしたことを思い出します。
日当たりの悪いところ植えられていて、実の付きもいまいちでした。
南天は日陰に植えるものと思っていましたが、“本来は日当たりを好み、極端な乾燥を嫌う陽樹”だそうです。
私の中では、長いことトイレの花として深く刻まれていて、臭いまでつきかけていました。 笑
posted by 空凛 at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

ニャーの話し

ニャン.jpg

近所の通りに“半飼半ノラ”の猫がいます。
去勢手術を施して、食事はあげるけど、家では飼わないという状態です。
もう何年もその通りでみんなに愛されています。
私はニャーと呼んでいますが、いろんな人から可愛がられていて、それぞれの名前で呼ばれていることでしょう。
私は彼女が子猫の頃、汚れて痩せてミャーミャー鳴いていた姿を見ています。
彼女のお母さんもこの通りで“半飼い”されていた猫でした。
小さくて人懐こくって優しいトラ猫でした。
短い尻尾が鉤状に曲がっているのが特徴でした。
彼女は毛色こそ茶系をしていますが、曲がった尻尾を見てすぐわかりました。
ノラ猫の時期があったので なかなか人を寄せ付けない、人を引っ掻いたり、咬んだりする猫でした。
でも毎日毎日声を掛けていたら、心を許してくれるようになって、今では遠くにいてもタッタッタと駆けてくるようになりました。
「ニャー」と呼ぶと、いつも「ニャー」と声を返してくれるところが愛くるしいです。
でもいまだにノラだった性質が残っていて、甘え方が素直ではありません。
近づいたり離れたり、もじもじしながら擦り寄ってきます。
食事は充分にもらっているらしく、食べ物に釣られて寄ってくるのではありません。純粋に触れあいを求めているようです。
人恋しい時は、帰ろうとするとニャーニャー鳴いて追ってきたりしますが、
気がないときは、返事もしません。
そんな時は、およびでないのねと思って、そのまま通り過ぎます。
毎日食事を上げているお宅が彼女にしてみれば心のより所で、たいていその家の門柱に座っていました。
彼女は小さくて見るからに弱い存在ですが、実際 何度も他のノラに追っかけられているところを見ました。
ある日、耳をかじられ片耳が潰れていました。
その後、もう片方の耳も齧られ、両耳とも折れてスコティッシュフォールドのようになってしまいました。
そんな弱い彼女のテリトリーはほんとに狭くて通り30m区間くらい。
まるで結界があるかのようにその外にいるところを見たことがありません。
ところが拠り所である“彼女の家”が建て替えになってしまいました。
工事車が行き来して、騒々しくて、まあ落ち着かない時を過ごしたことでしょう。
安住の場所が隣の家に移りました。
ところがその隣の家もほどなく建て替えになったんです。
冗談みたいに、その後 その通り一体は次々に建て替えラッシュになり、激しく様変わりしてしましました。
彼女にしてみれば、不安で心細い日々だったことでしょう。
今では彼女のテリトリーは一軒の家というより漫然としたものになったようです。
私の記憶があいまいで彼女がいくつか定かではありませんが、もう若くはない年です。
救いは病気一つせず元気なこと。暑さ寒さに晒されて鍛えられたのでしょう。
それでも寒い日が続いて、3・4日見ないと心配になります。
いつまでも元気でいてくれと祈るばかりです。
posted by 空凛 at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

空師(そらし)

皆さんは「空師」ってご存知ですか?
医師や庭師の「師」で、職業です。
では、「空師」からどんな職業を想像されますか?

私は、1/5(金)NHKのドキュメント番組で、初めて「空師」という職業を知りました。
空に近いところで働く人、つまり木の上に登って枝を払ったり、幹を伐採する人のことです。
とびきりステキな名前ですよね。

山の中や広いところで木を伐っても空師の晴れ舞台とはいえません。
高さが10m以上あるような木の周りに家が建っていて、電線が枝の間を走っているような条件でこそ、空師の腕の見せ所があります。
チェーンソーを持って木に上り、枝や幹をクレーンからロープで吊り降ろしながら切っていきます。
木の所有者から木を丸ごと買い取って、材木商に売ることで利益を出しています。
切られる木のためにも、切った木を材木として目一杯生かそうと考えます。
現場ごと木ごとに対応が違うので、樹木に対する知識・経験が要求されます。
そして木に対する敬意、愛情。
空師の木に対する誠実で熱い思いが伝わってきて、感動しました。
posted by 空凛 at 14:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

大阪にはボケをかます自販機があるらしい

私はあまり自販機で飲み物を買わないので、自販機に無関心でしたが、
関西弁でボケをかます自販機があるんですって。
ご存知でした?

ガチャンゴトゴト
「まいど〜!」 
「お釣りィ 忘れたらあかんで〜!」

「うっわ〜!たまらんヮ。“あつ”は“なつ”いね〜!
・・ってボケてんねんから突っ込んでぇや!!」

「昼からもがんばってや!」 
「お疲れさんでした!」  

なんて声をかけるそうですよ。
ダイドードリンコのHPで 自販機くんたちの声を聞けます。
http://www.dydo.co.jp/jihanki_w/talk/hakata.html

関西の他にも博多、名古屋、津軽弁もあるそうです。
これらは地方のみに設置されているのでしょうか。
もし東京にあったら、故郷を後にした人には、グッとくるかもしれません。

この自販機の話を知ったのは、「コクホー 庄山社長のブログ」です。
とてもためになるおもしろい話が満載です。
posted by 空凛 at 15:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

豆腐パックのアイデア

昨夜 TVで、
開けにくい豆腐パックを簡単きれいに開けられる技術を紹介していました。
商品名は「オリもりパック」このネイミングはどうかなと思いましたが、
ついに待望の便利アイデアが出てきたと注目してしまいました。
自炊される方なら、誰しも不便に感じられたことがあると思いますが、
豆腐のパックってどれもきれいにはがせないですよね。
ビニールの角がちょっと残って、豆腐を容器からきれいに出せません。
ぐちょっと壊れる。
短気な私は、毎回これにかなりイラっときます。
常々なんとか改良されないもんかと思っていたんです。
ただ、この発明は豆腐屋さんが開発したものではないので、豆腐の包装パックに採用されないと普及しません。
豆腐屋さん早く取り入れてくれないかしら。

参考 : ワールドビジネスサテライト
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/
posted by 空凛 at 11:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

水がゴミを資源にかえる

ニュートンですばらしい話を目にしましたので、紹介します。
ニュートンなどもたまーーに 手に取るというところも、なにげに自慢しとこ。へへ

生ゴミが食料や薬にかわる。そんな技術がそぐそこまで進んでいます。
この画期的な研究は大阪府立大学大学院研究所で吉田弘之教授の指揮の下に行われています。
水で有機物の生ゴミの高分子の鎖を断ち切って、分解するというのです。
もちろんただの水といっても、そこにすごいしかけがあるわけです。
それは「亜臨界水(ありんかいすい)」と呼ばれる水です。
亜臨界水は日常には存在しない、特殊な状態の水です。
水は普通の状態では100℃で沸騰し、気体になります。
その水が約220気圧、374℃以上になると液体でも気体でもない「超臨界水」と呼ばれる状態に変化します。
この状態よりも低音・低圧で、分解能力をもった水が「亜臨界水」です。
超臨界水でも分解はできるのですが、酸化力が強すぎるため分解されすぎて資源は生まれませんし、より高温・高圧が必要なためコストもかかります。
亜臨界水の状態が資源リサイクルにちょうとよい水というわけです。
超臨界水はダイオキシンや化学兵器といった有害物質の分解に使われます。

200気圧だとか、想像もできませんが、そういう普通でない状態では水もスーパーウォーターに変化するんですね。
すごいぞ水!
posted by 空凛 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

おすすめメルマガに紹介されます

11/2に 嬉しいサプライズメールを受け取りました。
なんとウィークリーまぐまぐエンターテイメント増刊号で、
私のメルマガ「言葉拾い」を紹介してくれるというのです。
11/7(火)の「おすすめメルマガ」コーナーに載るそうです。
「どっひゃー!」
週刊の、購読者42人しかない、片隅な「言葉拾い」が目に留まったとは!
たんなるロボット抽選かもしれませんが・・
とにかく私のメルマガにスポットが当たるとは、なんというラッキー。
こんなことも起きるのね。
今まで毎週欠かさず発行してきたので「皆勤賞」かもしれません。
週刊なので まだ37号、期間にして9ヶ月ほどです。
週刊だと読者との距離も縮まらないので、できたらせめて週2回くらいにしたいところなんですが、ちょっと自信がありません。
その分、ブログは頑張って記事アップをしています。
ブログの更新はこんなに連日にする気はなかったのですが、できるならとやっているうちに、ちょっと挑戦したい気持ちになってしまいました。
チャレンジする気持ちが推進力になっていますね。
それでも日常の生活の中で マンネリ化しがちで、やる気を持続することは難しいものです。
そんな中で コメントをいただくと、心がポッと暖かくなります。
知らない方から声をかけていただくと、あーやってて良かったと思います。
またあらたなヤル気が湧き上がってきます。

メルマガもブログも、文章を書くことに慣れるために1年間は続けようと心の中で誓って始めました。
あと4ヶ月あまり。
1年間続けることで何か見えることがあるような、そんな期待を持って頑張ってきましたが、果たして何が見えるのか?!
楽しみです。
これからも 言葉に敏感になって、回りを見渡して行きたいと思います。
posted by 空凛 at 17:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

和太鼓はカッコえー!

週末に和太鼓の演奏を聴きました。
地元で活動されている方たちの演奏でしたが、すばらしかったです。
音の振動が直接ブルブル体に伝わってきて、音の重量感にのまれました。
1時間以上も休みなく力強い演奏が続いて、
最後のほうは 催眠状態のような気持ちいい感覚になりました。
聴いてる方がトランス状態になるくらいですから、ましてや演奏している人たちはものすごいエクスタシーを感じているのではないでしょうか。
迫力の音、リズム、仲間とひとつになる演奏。
どんどんどん頭が空っぽになって、ハイになっていく・・・。
あの大きな太鼓を思い切り連打するだけでも気持ちよさそう。
いやー、和太鼓やりたいなーと思いました。
それにバチさばきがかっこいい! 絶対もてますよ。

有名どころでは、佐渡の「鼓動」がありますね。
他のアーチストとコラボレーションしたりして、
パフォーマンスが進化しているようです。
演奏が見たい聴きたい!
posted by 空凛 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

「ものすごい夕方」

携帯でのやりとりを漏れ聞いた言葉です。

夕方にものすごいことが起きたのではありません。
夕方のどのあたりという問いに答えたのが、
「ものすごい夕方!」
とても遅めの夕方--夜に近い夕方ってとこなんでしょう。
ものすごい表現ですが、お互い伝わっているようでした。笑
こんなはじけた表現も、ホットな会話の中ではありですね。
posted by 空凛 at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

なりきり白バラ

去年の今頃 薬局の店前に真っ白い大輪のバラの鉢植えが置いてありました。
みごとなバラで、思わず間近に近寄ってしげしげと眺めたくらい。
こんな時期にバラは咲くかなーと思いながら、ここまで育てた人に心の中で賞賛を送りました。
1週間後、またそのお店に前を通るかかりました。
まったく変わらず美しいまま。
すごいなーと感心して通り過ぎました。
また1週間後、凛として咲き誇ったまま。
さすがに変って思いました。
そのバラは土の鉢に植えられていたので、まさか造花とは思いもしませんでした。
その上、花びらにちょっとだけ枯れかけたようなところもありましたし。
みごとです。
その後、バラの鉢は店頭からなくなってしまったので、最終確認はできなかったのですが、先日 新宿のデパートでそれより一回り大きい白バラの鉢が売られているのを見つけました。
あれだ!
やっぱり造花確定!
土がトリックですね。
posted by 空凛 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

「きれいになりたい!」というブログを作りました

今日は新たに作った私のブログを紹介させて下さい。

タイトルは「きれいになりたい!」
タイトルそのもの、きれいになりたい気持ち前面押し出しブログです。
美容に関するあれやこれやの知識を紹介したり、
時にけなげ、時にあほらしい女性の努力のあれこれを綴っていきたいと思います。
共感してもらえるブログに育てていきたいと思っています。

男性の方も きれいになりたいと思ったら(笑)覗いて下さい。
もはや男性も力だけの時代ではありません。
男は愛嬌! 男は顔よ! と豪語する女性も多くなりましたし。
まあ美容よりは、女心をご覧下さいませ。

きれいになりたい!
http://kireistep.seesaa.net/
posted by 空凛 at 14:51| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。